政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告 その7 吉田あい議員

政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告 その7 吉田あい議員

吉田あい議員は、2014(平成26)年度の「吉田あい区政レポート」の費用約120万円を政務活動費で支出しています。

吉田議員の2014(平成26)年度に関係する区政レポートは以下の春季号と決算号です。
「吉田あい区政レポート平成26年春季号」
「吉田あい区政レポート平成26年決算号」
吉田議員は区政レポートに「春季号」、「決算号」などとしてあるだけで、実際の発行日ははっきりとわかりません。

「吉田あい区政レポート平成26年春季号」は35,000枚印刷しました。
この区政レポートは前年度の2014(平成26)年3月27日に35,000枚印刷して、封筒印刷代(4,000枚)と合わせ、前年度の政活費で244,650円を払っています。
前に述べましたが、発行日を明確に書かないで、春季号として2013年度、2014年度にわたり、区民に配られていました。
領収書を見ると3月28日~4月12日の間に業者に頼み、31,500枚をワンルームを除く家にポスティングして、146,286円を政活費で払いました。
前年度分も含め、払っているのでこれは条例等に違反します。

紙面をみると、必ず吉田議員のお子さんのことが写真入りで書いてあります。
「あいとおばあちゃんの育児日記、―昨年6月に女児を出産しました。今は夜泣きがピーク!一晩中、抱っこする毎日です・・・・」
育児日記は政務活動とは関係ないのですが、それにもかかわらず按分せず経費の全額を政活費で払っているのです。

その年2014年7月8日には自民党が区議選の第一次公認を決定、発表しました。

自民党が発行している「自由民主」(2014年7月22日)の東京都版によれば、都連は7月8日、来年4月に行われる統一地方選挙の第1次公認を決定、発表しました。第1次公認として、富本卓・大熊昌巳・吉田愛・脇坂達也・浅井邦夫・今井洋・大和田伸氏を掲載しています。

「吉田あい区政レポート平成26年決算号」100,000枚印刷しました。
12月11日に区政レポート100,000枚、封筒10,000枚の印刷代755,892円を政活費で払いました。印刷した封筒には「あい ラブ ユゥー!自由民主党 杉並区議会議員 吉田あい事務所」と書いてあります。
なんとこの決算号にも吉田議員のお子さんのことが写真入りで書いてあります。
「子育て奮闘記!? 娘が一歳4カ月になりました。歩き回るようになり、目が離せない毎日です。・・・」
吉田議員はお子さんのことを政活費(税金)を使って発行する区政レポートの毎号に書いているのです。このように政務活動と関係ない記事の場合は、按分して自分で経費を負担すればいいのです。しかし、吉田議員は毎回、子どものことに紙面を使っているのです。区政の問題とこの記事の関係について、政活費から100%支出する理由を吉田議員は説明すべきです。

決算号は100,000枚印刷していますが、郵送は約3000通だけです。
郵送料は11月1日に区政報告郵送代合計204,801円を杉並・荻窪・杉並南郵便局に払いました。荻窪郵便局の領収書には835通を送ったとありますが、他の郵便局は郵送数が書いてないので全部で何通を郵送したか不明です。
荻窪郵便局の領収書には区内割引で1通が64円になっていますので、全部で約3,200通と推測されます。100,000枚を印刷した「吉田あい区政レポート平成26年決算号」の100000−3200の残りの96800枚はどのように区民に配られたのでしょうか。これも吉田議員から説明がなければわかりません。

さらに2015年1月28日には自民党の会派として発行した区政報告印刷代として100,000円を政活費で払っています。

前述のように、2015年4月の区議選の「選挙運動費用収支報告書」によれば、吉田議員は2015年3月14日に自民党支部5団体から75万円の公認料等を受け取っています。
7月に自民党から公認を受け、翌年の4月は区議選、この間に10万枚という大量の区政レポートを政活費で発行したことは、選挙を意識していたと推測されます。
9万数千部の区政レポートをどのように利用したのか不明で、按分せずに全額を政活費の支出とする理由を吉田議員は説明するべきだと思います。





★ すぎなみオンブログは、議員が提出した政務活動費の収支報告書や領収書などの公文書に記載されていることを掲載しています。★
スポンサーサイト

こんな使われ方をしている政務活動費!!早坂義弘都議の政務活動費の使い方について

こんな使われ方をしている政務活動費!!早坂義弘都議の政務活動費の使い方について

都議の政務活動費の領収書は都庁議会棟2階北側経理課閲覧室に行けば簡単に見られます。2016(平成28)年度分は8月30日から公開されています。

都議の2016年度の政務活動費は全国一高額で、月額60万円、年間720万円です。領収書は都庁の議会棟2階、北側、経理課の閲覧室に行けば、誰でも即、見られます。見るだけなら無料、コピーは1枚10円かかります。
杉並区議会との違いは、出納簿が提出されていないので、支出を確かめるには領収書を1枚ずつ見る必要があります。会派で領収書がまとめてつづられています。例えば、自民党の場合、1か月分の領収書は約10センチの厚さのファイルが3冊。しかし、1月は意見交換会等が多いので6冊ありました。1年分だと膨大な量です。杉並区選出の自民党都議早坂義弘都議・小宮あんり都議の領収書を見ました。

6月のオンブズブログに早坂義弘都議の2015年度の意見交換会のことを書きましたので、引き続き2016年度の早坂都議の意見交換会の費用を書きます。
政務活動費領収書等貼付用紙(東京都議会)の「支出内容」の欄に「意見交換会の会費」と書いてあるのをまとめました。支出日、金額、支出目的、領収書発行先です。印影や黒塗り等で住所、電話番号等が見えないところは?としました。

早坂義弘都議、2016(平成28)年度、意見交換会の政務活動費からの支出

5月
1日2,000円、総会費 東京土地家屋調査士会杉並支部(住所・電話・代表名無)
1日5,000円、懇談親和会参加費、東京都社会保険労務士会城西統括支部 
中野区中野2-29-17、東京都社会保険労務士会城西統括支部 電話5328-9511
10日3,000円、女性部定期総会懇親会費、杉並区商店会連合会女性部、
上荻1-2-1 女性部会長
13日5,000円、杉並区商店会連合会青年部第44回定期総会第二支部懇親会会費、
上荻1-2-1青年部部長名黒塗り、電話3220-1221
17日5,000円、会費、立教通り親和会 (住所・電話・代表名無)
20日8,000円、親睦会会費、杉並消防懇話会(住所・電話・代表名無)
20日5,000円、会費、杉並建設業協会、高円寺南4-3-?事務局渡辺建設、電話無し
23日3,000円、第65回定期総会後懇親会会費、杉並区商店会連合会、
上荻1-2-1電話3220-1221
24日10,000円、総会懇親会会費、東京都電気工事工業組合杉並中野地区本部、
                高円寺南2-?シャンポール新高円寺?電話6383-1899
24日2,000円、会費、荻窪地区発展協議会(住所・電話・代表名無)
24日5,000円、総会懇談会費、荻窪間税会、天沼3-7-3電話33?
25日5,000円、総会費、杉並米穀小売商組合連合会、(住所・電話・代表名無)
27日4,000円、総会会費、杉並納税貯蓄組合連合会(住所・電話無、会長名黒塗り)
27日5,000円、会費、杉並建設防災協議会、荻窪5-18-14電話無し、代表理事黒塗り
29日2,000円、会費、杉並区ラジオ体操連盟、下井草4-5-4、電話FAX3396-1046

6月
1日5,000円、定期総会懇親会参加費、荻窪青色申告会、天沼3-18-?、電話3303-?
3日10,000円、定期総会懇親会会費、杉並産業協会、(住所・電話無、会長名黒塗り)
8日3,000円、総会参加費、西荻窪商店会連合会、(住所・電話無、会長名黒塗り)
10日10,000円、総会会費、杉並区食品衛生協会、新宿区西新宿7-10-7電話3363-3791
13日2,500円青年部総会会費、杉並区商店街連合会八丁通り商店会(住所・電話・代表無)
21日5,000円、報告会・通常総会懇親会費、JA東京中央城西地区資産管理部会外、
(住所・電話・代表無)
23日5,000円、報告会・総会及び懇親会会費、JA東京中央杉並中野地区資産管理部会外
(住所・電話・代表無)
8月
24日5,000円、総会懇親会会費、都市再生調査事業協同組合杉並区和田?代表理事尼野?
31日5,000円、研修会費、荻窪間税会、天沼3-7-3電話3393-?

12月
15日10,000円、忘年会 会費として、宅建杉並区支部第三ブロック長 
住所・電話無、ブロック長・忘年会実行委員長共に黒塗り

以上です。4・7・9・10・11・1・2・3月の意見交換会の領収書はありませんでした。
2016(平成28)年度の意見交換会の合計25件、支出合計129,500円です。
按分なしで忘年会等に出た金額も全額政務活動費(税金)から払いました。

早坂都議の2015(平成27)年度の意見交換会は82件、政活費からの支出は合計501,000円。1月は44件、2月は14件あったのですが、2016年度の年始は1件もありませんでした。早坂都議の意見交換会は大幅に減りましたが、一方、小宮あんり都議の意見交換会は大幅に増え、年間で72件、1月は42件もありました。小宮都議については次回に書きます。

「政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告 その6 第5回口頭弁論(9月29日)

「政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告
その6 第5回口頭弁論(9月29日)


 すぎなみオンブズは大和田伸杉並区議会議員他15人の議員及び公明党ら2会派が2014(平成26)年度政務活動費から支出した主に区政報告関係の費用、 1094万余円は違法な支出に当たるとして、これを返還させるよう杉並区長に求め、住民訴訟を起こしました。
 
区政報告類の経費の半額は返還すべきと主張・立証
 2014(平成26)年度は、6月に区長選挙・区議補欠選挙、12月に衆議院議員選挙と3つの選挙があり、さらに2015年4月26日には議員自身の区議会議員選挙が直前に控えていました。区政報告類の経費の全額を政務活動費で支出した杉並区議が多数います。議員が発行・配布した区政報告類を見ると、選挙を意識したと思われる内容が多いので、50%以上按分して、それを超えた部分を返せとの主張・立証を行ってきました。
今回までに原告であるすぎなみオンブズは、裁判所に証拠書類として甲270号証まで提出しました。これに対して被告側からは今までに出されている証拠書類は条例や会計関係等の書類(乙1~17号証)のみで、議員からも按分せずに全額を政活費で払う根拠となる説明はありません。念のために説明しますと裁判の証拠書類は原告から提出するのは甲・号証、被告から提出するのは乙・号証です。

古田孝夫裁判長が反論の書類を出すように被告側に指示
今まで古田孝夫裁判長は違法な支出について原告が立証するようにと言っていましたが、すぎなみオンブズは毎回多くの証拠書類を出してきました。
裁判長は今回初めて「被告側は反論を出すように」と指示を出しました。被告側は「量が多いので、できるところまで」と答えましたが、裁判長は「第1段階として、11月中に被告側から反論の書面の出せるものを出しなさい」と指示しました。

ある区議の政務活動費の使い方を示してみます(詳細は裁判の経過報告の中で書きます。)
区議選は2015年4月26日にありました。区議選1か月前、そして議員としての任期満了に近い3月下旬に「区政報告春号」を16万6千部、印刷しました。このうち、3月27日と30日に約5000通を郵送したという領収書が提出されているので区民等に郵送したことはわかります。しかし、あとの16万1千部はどのように使用したか不明です。この印刷代にかかった費用約65万円を全額政活費で払っているのです。
この区議の「選挙運動収支報告書」の3月の収入の欄を見ると、自己資金や寄付等があり、活発に選挙運動が動き出したということが読み取れます。ではこの間に発行した16万部という「区政報告春号」はどのように使われたのでしょうか。
区議からの説明がなければ、按分せずに全額を政活費で支出した理由がわかりません。次回までに議員からどんな説明が出されるのでしょうか?

次回裁判は、12月8日(金)1時半より、522号法廷です。

2016(平成28)年度政務活動費領収書等証拠書類一式が公開されました。

2016(平成28)年度政務活動費領収書等証拠書類一式が公開されました。

「杉並区議会、政務活動費、平成28年度分」と検索すると杉並区議の政務活動費の収支報告書を区議会のHPで見ることができます。会派または議員ごとに収支報告書が掲載されています。

2016年度の会派は「杉並区議会公明党」「日本共産党杉並区議団」の2会派があります。
この年度は井口かづ子議員と木村洋子議員は政務活動費を受け取っていませんので収支報告書はありません。
また安斉あきら議員は交付された192万円を全額返還しているので、支出は0円になっています。
他の議員はそれぞれ一人ずつ、収支報告書が掲載されています。

収支報告書は項目ごとの支出ですから、出納簿や領収書等の書類を見なければ、支出の明細はわかりません。
すぎなみオンブズとして長年、領収書等の区議会HPへの掲載を要求してきましたが、やっと2013(平成25)年度分からの収支報告書のみが掲載されるようになりました。領収書等は「情報公開請求」を提出しなければ区は公開しません。
すぎなみオンブズは領収書等の公開を求めて「情報公開請求」を提出していましたが、やっと9月25日から領収書等の証拠書類の一式が公開されることになりました。

条例等に基づき「収支報告書・出納簿・政務活動視察報告書・広報紙」の4点は閲覧の対象ですから、区役所3階区議会事務局に行けば上記の4点は誰でも見られます。
しかし、「領収書・政務活動交通費記録簿・その他証拠書類」は情報公開請求の対象ですので、すぐには公開しません。
区議会事務局の係長によると
「すぎなみオンブズの皆さんは情報公開請求を出しているので見られます。それ以外の方は情報公開請求を出せば、2週間後に見られます」ということです。

「情報公開請求を出した人にしか見せない杉並区議会」


東京都議の場合ですが、都議の政務活動費領収書等は8月30日から公開されています。
都庁の議会棟2階北側、経理課閲覧室に行けば9時から17時30分までだれでも閲覧できる状態になっています。
しかし、杉並区の場合は、公開されている領収書等の証拠書類であるにもかかわらず、「情報公開請求の手続きをして2週間待て」というのが区の方針です。

杉並区の政務活動費は月16万円、年額192万円です。区議がどのように政務活動費を使っているかということを調査すると、区議の政治姿勢がわかります。
ぜひ、面倒ですが皆さんも「情報公開請求」を区役所の議会事務局に出して、領収書等をご覧になっててください。


オンブズのブログで、何度も載せていますが、
「2014(平成26)年度の政務活動費返還請求事件」の裁判のお知らせ。

第5回口頭弁論
日時:2017年9月29日(金) 午後1時30分
場所:東京地裁 522号法廷


すぎなみオンブズが大和田伸杉並区議会議員他15人の議員及び公明党ら2会派が2014年度政務活動費として支出した 1094万余円は不当利得であるため,返還を求めて提訴した裁判です。
みなさまの傍聴をお願いいたします。

「政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告 その5 浅井くにお議員

「政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告
その5 浅井くにお議員


2014年度「浅井くにお区政レポート」にかかった費用は約155万円もあります。
この年「平成26年夏号No8」と「平成27年新年号No9」の2部を発行しました。
そして、この区政レポートにかかった費用1,551,937円をすべて政務活動費で払いました。
区議に交付される政務活動費192万円のうち、80%を区政報告レポート関係に使ったことになります。

区議会定例会の一般質問は杉並区議会HPに掲載されています。
杉並区議会のHPを見ると、議事録が掲載されていて、浅井議員の発言の全文を見ることができます。
そして浅井議員の区政レポートでも、浅井議員の杉並区議会定例会の一般質問の全文掲載で占められています。もちろんHPを見ることができない区民がいるわけですから郵送も必要でしょう。
しかし、48議員がいて、区政にはいろいろ問題点があるにもかかわらず、議員のほとんどが自分の発言中心の区政報告をつくり、政活費(税金)を使って発行するのは、何が目的なのでしょうか。

では「浅井くにお区政レポート平成26年夏号No8」の内容は?
まず、題字の欄には浅井議員の顔写真、「浅井くにおは、まちへの熱き思いで活動します」と、書いてあります。定例会の予算審査等の記事もありますが、紙面の大半は浅井議員の平成26年第2回区議会定例会・一般質問の全文掲載です。
・区政レポート第8号版下製作料45,000円
・封筒印刷5,000枚55,620円
・印刷代とポスティング代644,523円(24,500枚印刷、23,549枚ポスティング)
・郵送代54,658円(799通郵送)

「浅井くにお区政レポート平成27年新年号No9」の内容もみてみましょう。
題字の欄には浅井議員の顔写真、「浅井くにおは、まちへの熱き思いで活動します」と、書いてあります。書き出しは「新年あけましておめでとうございます」その下に「この4年間を振り返って」として「浅井くにお」と書いたのぼり旗を立てて街頭で演説をしている浅井議員の写真です。紙面の大半は浅井議員の平成26年第4回区議会定例会・一般質問の全文掲載です。プロフィールや主な職歴、議会活動、浅井くにお事務所等の連絡先が書いてあります。
・区政レポート第9号版下製作料50,000円
・印刷代とポスティング代645,721円(24,500枚印刷、23,675枚ポスティング)
・郵送代56,415円(825通郵送)

以上が区政レポートにかかった費用です。
第8号、第9号、ともに共通しているのは24,500枚印刷して、杉並区民は50万人いますが、郵送は約800通で、残りの約23,000枚はポスティングです。

【政治団体「浅井くにおの会」の収支報告書】はどうなのでしょう?
杉並区議会HPの浅井くにお議員の欄を見ると後援会「浅井くにおの会」が載っています。
そこで政治団体「浅井くにおの会」の収支報告書をみてみました。

2014(平成26)年1月に親睦バス旅行会を行い、千葉県木更津市の富士屋ホテルで会食をしています。
自民党が発行している「自由民主2014年7月22日、東京都版」によれば、浅井議員は7月4日に区議立候補のために自民党から公認を受けました。
政治団体「浅井くにおの会」の収支報告書には、8月6日木曽路善福寺店で飲食代約21万円、8月22日に同じく木曽路善福寺店で飲食代約25万円の支出が記載されています。

自民党に公認され、「浅井くにおの会」が活発に活動していたころ、「区政レポート夏号No8」にかかった費用の全額を政活費で払っていたことになります。
そして2015年3月14日に自民党から公認料を含め75万円の寄付を受けました。
4月26日の区議会議員選挙で3,717票を獲得し、区議会議員に当選しました。



次回裁判期日は東京地裁 9月29日1時30分、522号法廷です。
みなさま方の傍聴をよろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR