FC2ブログ

杉並区議会本会議(議案79号採決)詳細

12月8日の杉並区議会本会議詳細

議案79号【杉並区長等の給与等に関する条例等の一部を改正する条例】を可決
  区長や議員の給料、報酬、期末手当をお手盛りで増額

12月期末手当アップ、区長は317万円→327万円、 議長202万円→215万円

1時から始まった本会議。議案79号について、今井ひろし委員長が総務財政委員会委員会で可決したことを報告しました。議員から賛成、反対の意見は一切なし。木村ようこ議員(自民・無所属・維新クラブ)が退席し、採決に入りました。

★議案79号の内容は、
●区長・副区長・教育長・代表監査委員の給料月額と、議員の報酬月額を0.3%上げる
●期末手当については支給月数を0.1カ月引き上げる

以下の議員たちの賛成多数で決定されてしまいました。

賛成した議員(はなし議長は裁決に加わっていません)
自民党(井口、脇坂、大和田、今井、大泉、井原、浅井、吉田、大熊、富本、小泉)
公明党(渡辺、川原口、島田、山本、中村、北、大槻、横山)
区民フォーラム未来(増田、安斉、山本、上野、河津、太田)
自民・無所属・維新クラブ(佐々木、岩田、藤本、松浦、小林)
共に生きる杉並(木梨)
美しい杉並(田中)


反対した議員
共産党(原田、山田、上保、富田、金子、くすやま)
いのち・平和クラブ(そね、市来、けしば、新城、奥田、川野)
杉並わくわく会議(松尾)
無所属(堀部)

数の力で条例改正を行い、区長、議員等の給料等が引き上げられました。賛成した議員、反対した議員を覚えておきましょう。

では一体いくら引き上げられたのか、区役所の職員課給与係り、議会事務局の説明によれば
例えば12月期末手当だけでも、以下のようにアップされるのです。

特別職
区長 317万円→327万円、
副区長、254万円→262万円
教育長、217万円→224万円
代表監査委員、195万円→202万円

区議会議員
議長(現在はなし議長)202万円→215万円
副議長(現在横山副議長)183万円→194万円
委員長、152万円→161万円
副委員長、145万円→155万円
議員、140万円→149万円

(月額給料・報酬については後日のブログで書きます。)

例えばこんな試算があります。

ご存じでしたか?杉並区の屋内プールの使用料金の高齢者減額制度が今年から縮小されました。60歳以上の区民は1時間当たり250円が130円に減額されていましたが、今年から減額するのは平日の午前中だけと縮小。ちなみに都内7区では高齢者は無料です。区は「高齢者にも負担していただかないと施設運営は厳しい」と説明しています。
杉並区では予算的に高齢者の130円の減額ができないようですが、こんな計算をしてみました、
区長の12月期末手当引き上げ分だけで約770名分、
議長の12月期末手当引き上げ分だけで1,000名分
区長、議長2人の12月期末手当を引き上げなければ、高齢者1,770名分のプール使用減額ができるのです。

これは一つの例ですが、みなさんこのことどう思われますか?年末の時期にあえて上げるのです。杉並区でも多くの貧困児童がいると聞きます。また期末手当なんて縁のない人びともたくさんいます。このような人びとにどのように説明されるのでしょうか?



当ブログは[拍手]をクリックすると、コメント欄に飛びます。みなさんのご意見お待ちします。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR