FC2ブログ

驚愕!!大幅に増額された期末手当・その1

議案79号を可決したため、12月期末手当が大幅に増額されました。

田中区長は給料月額3,300円アップですが、期末手当はなんと10万円増額。
はなし議長は報酬月額2,600円アップですが、期末手当は13万円も増額になりました。

昨年12月8日杉並区議会最終日に賛成多数で議案79号が可決されました。

★議案79号とは
「杉並区長等の給与等に関する条例等の一部を改正する条例」です。
可決の結果、区長、副区長、教育長、監査委員、議員の月額の給料、報酬が以下のように値上げされました。

役職      現行金額    改正金額  増額した金額
区長       1,113,100円→ 1,116,400円  +3,300円
副区長       891,900円→ 894,600円 + 2,700円
教育長 764,400円→ 766,700円 + 2,300円
代表監査委員常勤 687,600円→ 689,600円 + 2,000円
他の監査委員常勤 668,700円→ 670,700円 + 2,000円
区議会議長 856,000円→ 858,600円 + 2,600円
副議長   774,700円→ 777,000円 + 2,300円
委員長   643,500円→ 645,400円 + 1,900円
副委員長   616,700円→ 618,500円 + 1,800円
議員   595,700円→ 597,500円 + 1,800円


上記のように月額で区長は3,300円、議長は2,600円、議員は1,800円とわずかの値上げのように思われますが、実は12月の期末手当は大幅に増額になったのです。

どういう事かというと区役所には複雑な加算という計算式があって、以下のように増額されたのです。

12月の期末手当
特別職
区長、317万円→327万円
副区長、254万円→262万円
教育長、217万円→224万円
代表監査委員、195万円→202万円
区議会議員
議長(はなし議員)202万円→215万円
副議長(横山議員)183万円→194万円
委員長、152万円→161万円
副委員長、145万円→155万円
議員、140万円→149万円

田中区長は給料月額3,300円アップで期末手当は10万円増額。
はなし議長は報酬月額2,600円アップで期末手当は13万円増額。
民間会社で月額2~3,000円のアップでこれほど多くの期末手当が増額する会社はあるのでしょうか。

前述のとおり区役所には加算という複雑な計算式があるのです。これはすぎなみ広報では公表していません。
議員たちは給料・報酬等の値上げはお手盛りで、さらに加算という複雑な計算式で、びっくりするほど多くの期末手当を税金からもらえるようになったのです。



当ブログは下部の「拍手」クリックでコメント欄がでます。みなさまのご意見、ご感想をお待ちしております。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR