FC2ブログ

政務活動費の開示、閲覧他

2015(平成27)年度の政務活動費の収支報告書・出納簿・領収書等をが区役所3階議会事務局で誰もが見られるようになりました。
(㊟杉並区議会では議員一人当たり、月額16万円、年間で192万円の政務活動費が前渡しで税金から交付されています。)

昨年までは、領収書等を見るのには、区民が開示請求を出して、2週間待たされ、やっと見られるような状態でした。
それも、開示請求を出した人にしか、見せてくれませんでした。
ところが今年は、9月2日から収支報告書・出納簿・領収書・視察報告書・議員の発行した区政報告等を、誰もが見られるようになりました。
議会事務局は「オンブズ(㊟すぎなみオンブズ)が開示請求を出して開示された資料ですから、誰が見てもよくなりました。」と、言っていました。

政務活動費(政務調査費)に領収書等の添付が義務付けられたのは2007(平成19)年度からです。
これに伴い、世田谷区はこの年から条例を改正して、領収書等を世田谷区議会のHPにアップして誰もが見られるようにしました。
ところが、杉並区は「開示請求を提出して、2週間待たされ、請求した人だけに見せる」としました。
世田谷と杉並区議会の違いは何なのでしょうか。

では議員たちは政務活動費をどのように使っているのでしょうか。
その使い方を見てみると、議員たちがどのような活動をしているか、よくわかります。
自分の1票を投じた議員がどのような使い方をしているのか、ぜひ、区役所3階議会事務局に行って見てください。
杉並区の場合、やっと2年前から、収支報告書のみですが区議会HPにアップされるようになりました。
区役所に行けない人は、HPをご覧ください。


㊟ この記事は一部変更があります。正しくは改定記事「政務活動費の開示と閲覧について (杉並区議会の場合)」2016・10・29掲載 をご参照ください。
http://atsuginami.blog.fc2.com/blog-entry-139.html


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR