FC2ブログ

区議の政務活動費の領収書等を議会HPにアップしてください

区議の政務活動費の領収書等を議会HPにアップしてください

今、議員の政務活動費の使途について全国的に関心が高まっています。杉並区でも多くの区民が関心を持つようになりました。

2007(平成19)年度から、杉並区も世田谷区も政活費の領収書等の提出が義務付けられました。
世田谷区ではその時から条例を改正して、領収書等を議会のHPにアップすることになりました。それで誰もがいつでもどこでもHPを開ければ見られるようになったのです。
ところが杉並区では、未だにそのようになっていないのです。区議の政務活動費の使い方がわかる出納簿や領収書等は、区民がわざわざ区役所へ行って、「開示請求等の手続」を取り、2週間待たなければ見ることができないのです。
杉並は世田谷に比べ、閉鎖的で10年も遅れていますね。

杉並区自治基本条例は2003(平成15)年に議員によって議決されました。
この杉並区自治基本条例では
(区議会の責務)第9条2「開かれた議会運営に努めなければならない」
(情報の公開及び提供)第17条「区民の知る権利を保障、区政に関する情報を積極的に区民等に公開し、提供すること」
となっています。
議員たちで今から14年前に条例で決めておきながら、議員自身の政務活動費の使い方については閉鎖的で、区民が簡単にみられないようになっているのです。

では各地の地方議会をみてみましょう。
領収書などの電子データをCDやDVDで提供し、50円~200円程度の安価で提供している議会がありました。これに比べて杉並の場合はコピー1枚につき10円を取りますので、領収書等をすべてコピーすると数万円という莫大なお金がかかってしまうのです。せっかく自治基本条例を作ってもこのように閉鎖的では意味がありません。

私たちは
「杉並区議会議員の政務活動費の出納簿、領収書等の区議会のHPにアップを求めることに関する陳情」を2月1日に提出しました。(陳情文書は次のブログに掲載します)
http://atsuginami.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

一日も早く、区民がいつでもどこでも政務活動費関係の書類を議会HPでみられるようになることを望みます。


*政務活動費:議員の「調査研究」のために、議員報酬とは別に、月16万円、3か月ごとに48万円ずつ区議の通帳に振り込まれ、年額192万円のうち残額は区に返します。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR