「杉並区議会議員の政務活動費の出納簿、領収書等の区議会のHPにアップを求めることに関する陳情」文書

「杉並区議会議員の政務活動費の出納簿、領収書等の区議会のHPにアップを求めることに関する陳情」文書

「杉並区議会議員の政務活動費の出納簿、領収書等の区議会のHPにアップを求めることに関する陳情」を2017年2月1日に提出しました。http://atsuginami.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
陳情文書は下記です。



杉並区議会議長宛
                      2017年2月1日

杉並区議会議員の政務活動費の出納簿、領収書等の区議会のHPにアップを求めることに関する陳情

陳情の趣旨
議員の政務活動費の使い方について、年々関心が高まっている。杉並区においては、「収支報告書・出納簿・政務活動視察報告書・広報紙」は閲覧の対象、「領収書・政務活動交通費記録簿・その他証拠書類」は情報公開請求の対象になっていて、区民が区役所に行って、手続きをとらない限り、公開されていない。区民に開かれた議会にするため、出納簿・政務活動視察報告書・広報紙・領収書・政務活動交通費記録簿・その他証拠書類を区民がどこでもいつでも見られるように、区議会のHPにアップすることを求める。

理由
杉並区民の政務活動費に関心が高まる中で、やっと杉並区では収支報告書のみを、2013(平成25)年度分から区議会のHPにアップするようになった。
杉並区では2007(平成19)年度から政務調査費の支出について領収書の添付が義務化された。同年、世田谷区でも領収書の添付が義務化された。
それに伴い世田谷区では条例を改正し、世田谷区議会のホームページで使途の公表を行うようになった。
世田谷区政務活動費の交付に関する条例
(使途の公表)
第10条の2 政務活動費の交付を受けた会派の代表者又は議員は、政務活動費収支報告書及び政務活動費会計帳簿並びに政務活動費の支出に係る領収書その他の証拠書類を世田谷区議会のホームページに掲載して公表しなければならない。
   追加〔平成19年条例1号〕、一部改正〔平成25年条例1号〕

世田谷区と違い、杉並区では使途の公表について閉鎖的である。
葛飾区議会でも、2016年11月15日の議会運営委員会で「2016年度以降の政活費の使途の収支報告書、領収書も含めてすべてインターネットで公開」することを決めた。
杉並区では区役所へ行って閲覧できるのは「収支報告書・出納簿・政務活動視察報告書・広報紙」で、情報公開請求をとらない限り「領収書・政務活動交通費記録簿・その他証拠書類」を区民は見ることが出来ない。見るだけではわからないのでコピーをとれば1枚10円が区民の負担になる。たかが10円のコピー代と杉並区議は思うかもしれないが、添付のNHKのニュースでわかるように、これは非常に高額である。各地の地方議会では領収書などの電子データをCDやDVDで提供し、50円~200円程度の安価で提供しているが、杉並区の行っていることは資料の岐阜県議会にみられるように突出して高い費用を区民に強いていることである。

杉並区自治基本条例では
(区議会の責務)第9条2「開かれた議会運営に努めなければならない」
(情報の公開及び提供)第17条「区民の知る権利を保障、区政に関する情報を積極的に区民等に公開し、提供すること」
と明記している。
この条例は杉並区議会で議決し、今から13年前の2003(平成15)年5月1日から施行されている。杉並区自治基本条例を決めても、区議会が率先して開かれた議会運営に努めなければ画餅に過ぎない。
区民に開かれた議会にするため、出納簿・政務活動視察報告書・広報紙・領収書・政務活動交通費記録簿・その他証拠書類を区民がどこでもいつでも見られるように、区議会のHPにアップすることを求める。

添付資料
「葛飾区議会もネット公開」(東京新聞2016年11月17日)
「NHKWEBニュース」

署名
名 前     住  所



                                  以上








スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR