FC2ブログ

「政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告 その11 田中ゆうたろう議員

「政務活動費返還請求事件」の裁判の経過報告
その11 田中ゆうたろう議員

2014(平成26)年度、田中ゆうたろう議員が発行した区政報告は
「田中ゆうたろう通信平成26年初夏号」「元旦に送った区政報告用葉書」「田中ゆうたろう通信平成27年春号」の3回です。
それぞれの政務活動費の支出を見てみましょう。

はじめは「田中ゆうたろう通信平成26年初夏号」499,677円
「通信初夏号」にかかった経費のうち印刷代と封筒代を全額政活費で払いました
金額は2014(平成26)年6月27日に印刷代200,657円、7月2日と9日に区政報告用封筒代69,214円です。しかし、新聞折り込み代、発送等にかかった費用は按分50%にして、365,977円を政活費から払いました。

紙面の裏面は「河野談話の再検証、日本の名誉を取り戻す為、署名活動にご協力下さい」の記事です。田中議員の肩書は〈「慰安婦像設置に抗議する全国地方議員の会」世話人、杉並区議会議員 田中ゆうたろう〉になっています。

田中議員は2014(平成26)年度の収支報告書を2015年4月7日に区議会事務局に提出しました。しかし、その4か月後、収支報告書を訂正し、印刷代と封筒代にかかった費用の半額を区に返還しました。返還理由は出納簿に「誤記控除」と書いてあるだけです。

つぎは「平成27年元旦に送った区政報告用葉書代」で、ハガキ52円×4,500枚=234,000円です。
これは按分もしないで経費の100%を政活費で支出しました。
元旦に送った葉書には左上に 討議資料 と書いています。もし、田中議員が不特定多数の区民に出すのであれば記載する必然性はなく、来たるべき選挙に対しての、公職選挙法対策と思われます。
葉書の書き出しは「杉並や過ぎにし日々を思ひつつ心新たに春を迎へぬ」と田中議員が作った和歌です。第3回定例会の報告が簡単にありますが、文末は「本年も皆様のお声をお寄せ下さいますようお願い申し上げます。」というあいさつ文で終わっています。
葉書代だけでなく、区政報告用あて名ラベル代18,468円も政活費で支出しています。
元旦に田中議員から送られてきたはがきで誰が討議をしたのでしょうか。
新年のあいさつと思われる年賀状の類に政活費を使うのはふさわしくありません

3番目は 「田中ゆうたろう通信平成27年春号」ですが、16万6千部の印刷代648,000円、
郵送代は按分50%175,606円使っています。
郵送したのは4876通のみ、残りの約16万1千部の「田中ゆうたろう通信」は一体どこへ?

年度末の2015年3月24日に印刷代648,000円を払い、印刷枚数は16万6千枚でした。
郵送した枚数は3月27日に4,862通、3月30日に14通です。
印刷した166,000枚−郵送4,876通=残部161,124枚。約16万枚の残部はどこで配ったのでしょうか。不明です。
4,876通の郵送代は351,212円です。
しかし、田中議員は「後援会事務所開設の案内状も同封したため1/2計上」と説明して、按分50%の175,606円を政活費で払いました。
4月26日は「杉並区議会議員選挙」の投票日です。間近に迫った区議選の準備のための後援会事務所のお知らせと一緒に「田中ゆうたろう通信平成27年春号」を郵送したのです。

田中議員の「選挙運動費用収支報告書」の収入の欄を見れば、3月10日に自己資金180万円を計上し、3月18日~28日までの間に計4件96,189円の寄付を受けています。
支出の欄には3月14日~28日に事務所用品レンタル料135,540円、事務所借上料150,000円、電話FAXレンタル架設95,904円、演説会場借上10,000円、選挙はがき印刷21,189円、看板音響レンタル336,218円等々、区議選準備を着々と進めていた時に
「田中ゆうたろう通信平成27年春号」を16万6千枚という膨大な量の印刷をしました。しかし郵送の残りの約16万枚の使用は不明です。説明できない部分に政務活動費を使うことは不適切です

この「田中ゆうたろう通信」の上部には「キッパリ、ゆうたろう!」と太字で書いてあります。
2015(平成27)年4月26日執行の「杉並区議会議員選挙選挙公報」によれば、「私の約束 ◎納税者が納得できる 議員定数削減と行政のムダ排除」を一番目に掲げています。

「杉並区議会の会派及び議員に対する政務活動費の取り扱いに関する規程」第2条で「選挙活動に関する経費」は政務活動費からの支出は禁止しています。



★ すぎなみオンブズのブログは、議員が提出した政務活動費の収支報告書や領収書などの公文書に記載されていることを掲載しています。★
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR