FC2ブログ

公約は何を言っても、それを実行しなくてもOKなのね!

公約は何を言っても、それを実行しなくてもOKなのね!

みなさんも覚えていると思いますが、2015(平成27)年4月26日の杉並区議会議員選挙で、上野エリカさんは
政務活動費ゼロ」のみの選挙公約で当選しました。しかし同議員は当選してすぐに、政務活動費を使いました。

すぎなみオンブズはこれを問題とし、監査委員に住民監査請求を提出し、返還をするように申し出ました。

このことに関して、杉並区職員措置請求監査結果(平成27年度政務活動費に関する住民監査請求)」のP29~30に
上原和義・三浦邦仁監査委員の判断が書いてあります。

監査委員の(判断)は「公約に違反することを理由として、政務活動費に計上することができないと解することは
できない。同議員が公約をどのように実現していくかはまた別の問題である。以上のことから、本件支出が違法
又は不当であるということはできない」というものです。

監査結果書のP166に上野エリカ議員本人からの説明があります。
「・・・しかし政務活動費自体が悪ではなく、制度が存在する以上、議員が研鑽を積んだり有権者の声を的確に集約するために使う等、有権者が納得できる有意義な使い方を徹底する事、また、使い途に関する情報を透明化することが大切だと思っています。・・」


区民のみなさんは「ずいぶん愚弄してくれたね」と思いませんか?
問題があって、区民が怒っているテーマをしっかり利用し、当選したとたん考えを変える、そして有意義な制度と
してしまったのです。

杉並区民として次のような手紙を出しましたが、なにも回答はありませんでした。手紙に返事を書くのは常識ではないでしょうか?その点では必ず返事が来る「区長の手紙」を見習ったらどうか、と思います。

【杉並区議会議員(無所属)上野エリカ議員への手紙】

【貴女は選挙のとき「『区議会改革』(身を切る覚悟と奉仕の心)政務活動費192万円をゼロに!」というポスター
やチラシを配り、そのポスタ
ーは杉並区中にはりめぐらされていました。結果、当選しました。

ところが、平成27年5月29日に政務活動費(5,6月分)の第1回分32万円が交付されたとたん、6月30日に
379、389円使っています。27年度全体では1365,349円、交付額全体の70%以上使っています。

質問1  「政務活動費は使わない」を公約として当選したのに、使ったことを「公約違反」と認めますか?
質問2  杉並区民には政務活動費をどう使っているか、どうせ分かるはずはないと思ったのですか?

上2点文書でお答え願います。】

みなさん、人は権力(区議会議員はある種、権力と考えます。)を持つと平気で嘘をついたり、理不尽なことを
どんどんしてしまうようです。このような事実を私たち庶民が知らなければダメです。と強く訴えます。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR