沖縄女性暴行殺人事件から2年、吉田あい区議のブログ

沖縄女性暴行殺人事件から2年、吉田あい区議のブログ

沖縄県うるま市で米軍属による20歳の女性暴行殺人事件が発生してから2年となった4月28日、被害者遺族が代理人弁護士を通じて発表した手記が新聞に載りました。
「娘を失って2年になります。今でも恩納村に献花に来てくださる県民、他県民の皆さま、また遺族を支援してくださる皆さまに感謝申し上げます。今も娘を思いながら手を合わせ供養している日々です。生きていてほしかった、かわいい笑顔を見たかった、悲しいです、悔しいです。・・」と、今も癒えることのない痛ましい心境が記されています。

この事件の加害者である元米海兵隊員で軍属の男が逮捕された後、2016年6月19日、被害者を追悼し、海兵隊の沖縄からの撤退を求める大規模な集会が那覇市の公園で開かれ、沖縄県民6万5千人が参加しました。

大会では、「1972年の本土復帰から2016年5月までの米軍関係者による犯罪は5910件、凶悪事件575件の異常事態である」として、(1)日米両政府は遺族・県民に謝罪し完全な補償を(2)海兵隊の撤退、米軍基地の整理縮小、普天間飛行場の閉鎖・撤去(3)日米地位協定の抜本的な改定の3点を決議し、安倍首相やオバマ米大統領ら宛に届けられました。

この6月19日の県民大会について、吉田あい議員は以下のようにブログで書いています。


杉並区議のホームページは「杉並区議会公式ホームページ」から読むことができます。

杉並区議会

自由民主党 - 吉田あい ブログ

2016年6月20日
沖縄県民大会に思うこと

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

昨日、沖縄県で起きた女性暴行殺害事件に抗議する「県民大会」が那覇市で開かれました。
この大会で翁長雄志知事は、米海兵隊撤退にまで踏込む発言をしました。
また、安全保障関連法反対で名前を売ったSEALDsも米軍基地撤去を訴えました。

yoshidaaiburogu.jpg


この事件を知った時、同じ女性として 強い憤りを感じました。被害者が味わった恐怖や苦痛を思うと、そして ご家族の気持ちを考えると、悲しくて、悔しくて涙が出て来ます。絶対に許される事件ではありません。犯人には、一番重い刑を科してほしい!!

だからと言って…この事件と基地問題とをゴッチャにして議論する事は、被害者女性を政治利用しているようですごく違和感を覚えます。
ただただ純粋に、犠牲者の冥福を祈る事は 出来ないのでしょうか。

翁長知事やこの大会に集まった参加者には、この事件同様に、尖閣諸島周辺に現れた中国にも強い姿勢での抗議&抗議集会を開いて欲しいと思います。 以上

ブログ文中の以下の文について疑問があるので、吉田議員に3点について公開質問状を出しました。

吉田議員への質問
「だからと言って…この事件と基地問題とをゴッチャにして議論する事は、被害者女性を政治利用しているようですごく違和感を覚えます。
ただただ純粋に、犠牲者の冥福を祈る事は 出来ないのでしょうか。」


質問1 在日米軍基地が沖縄に集中している問題と今回の事件はまったく関係ないとお考えですか。
質問2、「ただただ純粋に、犠牲者の冥福を祈る」ことで、在日米軍兵士や軍属による凶悪事件をなくすことができるとお考えですか。
質問3、「ただただ純粋に、犠牲者の冥福を祈る」とは、具体的にどのようなことをするのでしょうか。教えてください。以上


吉田あい議員より、翌日以下のような返信がありました。


「お世話になっております。区議会議員の吉田あいです。メールありがとうございます。
ご質問の件ですが、昨今の我が国を取り巻く社会情勢、国際情勢を総合的に勘案し、
自分の意見を述べたものです。ご理解のほどを宜しくお願い致します。」以上。


元米海兵隊員の軍属によって、尊い命が奪われた事件です。吉田議員は「ご理解のほど」といっていますが、何をどう理解すればよいのか、わかりませんので、再度、吉田議員に質問をします。回答があり次第、ブログに掲載します。


この事件の裁判は昨年の12月、那覇地裁で行われた一審で、無期懲役の判決が言い渡されましたが、被告側が控訴したため、控訴審が福岡高裁那覇支部で6~7月にも開かれます。地裁が命じた遺族への損害賠償について、被告側は本人に支払い能力がないことを理由に支払いを拒否し、米軍側も「この時は被告と雇用関係がなかった」として負担をしない方針を示しています。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR