FC2ブログ

"すぎなみオンブズ" 平成28年度政務活動費住民監査請求を提出―厳正な監査を求めるー

すぎなみオンブズは2016(平成28)年度の政務活動費について住民監査請求を提出し、5月28日意見陳述がありました
傍聴人でほぼ満席の中、4名がそれぞれの主張で意見陳述を行いました。

監査委員が変わりました。


5月17日の臨時区議会で、田中良杉並区長から提案があり、「杉並区監査委員条例」の一部が改正され、議員選出の監査委員は1名になりました。
杉並区の監査委員は、識見を有する委員3名(任期4年、1人は常勤)と区議会議員選出の委員1名(任期は議員の任期による)の計4人で構成されています。以下に名前等記します。

代表監査委員 上原 和義(平成27年6月29日就任)元杉並区職員
監査委員 三浦 邦仁(平成28年6月29日就任)公認会計士
監査委員 内山 忠明(平成30年5月19日就任)弁護士
監査委員 井口 かづ子(平成30年5月19日就任)区議会議員選出

IMG_20180528_131739_2018053023172975c.jpg

地方自治法第199条の2の規定に基づき、井口議員は除斥となり、3名の監査委員の前で意見陳述を行いました。
左から上原氏、三浦市、内山氏


5月19日から監査委員になった 内山 忠明弁護士は2010(平成22)年4月から約3年間杉並区議会政務調査費専門委員会会長であり、その後また2014(平成26)年11月から2017(平成29)年度まで政務活動費専門委員会会長でした。

政務活動費は条例や使途基準等に基づいて支出されています。
では政務活動費支出の基本的な考え方を説明します。

2008(平成20)年3月、議員たちは政務調査費検討委員会で以下の様に決めました。
(1)実費弁償の原則 (2)按分の原則 (3)透明性の原則に基づいて支出する。
議員の仕事はいろいろあるので、政務活動と認められるものと選挙活動等のように認められないものがあります。支出がいろいろ混在する場合は按分の原則を用います。使途基準等では按分が決まっているものと決まっていないものがあります。按分を定めず、上限も決めていない支出については「使用実態に即して」としながら、殆どが合理的な説明もなく議員の申請通り支出し、監査でも認めているのが現状です。

5月18日の臨時議会で、新議長に選出された大熊昌巳(自民党)議員の場合の按分を例に挙げてみましょう。

大熊昌巳新議長の按分比
2014(平成26)年度までの政調費・政活費ではパソコン関係の経費(PC接続料・無線ラン料・ノートPC無線ラン料・ソフトリース料・カラープリンター保守料)はすべて按分比90%、ホームページの経費は按分比70%で支出しました。これは監査でも認められました。
私たちは90%の按分比は認められないと平成26年度分について裁判を起こしました。すると裁判の中で大熊議員はPC関係の経費を全額、区に返還しました。これは政活費の支出としては不当であるということを大熊議員が認めたことになります。するとそれまで主張していた按分比90%の根拠は何だったのでしょうか。
2016(平成28)年度、2017(平成29)年度の大熊議員のPC関係費、及びHPの経費はすべて按分比が50%になっています。

監査は監査委員がやっているのでしょうか
議長が調査→監査委員に伝える
2016(平成28)年6月に監査がどのように行われているか確かめるために情報公開をしました。7月8日に上原和義代表監査委員から以下のような回答がありました。
「住民監査請求に関して、会派・議員の説明等を聴取する必要がある場合は、議長に対して調査の依頼を行っており、その回答は議長から監査委員に対して行われている」
この回答からすると、問題のある支出について、監査委員は調査をせず、議長任せであるということになります。確かに議長は調査権を持っていますが、議長と議員は同じ会派であったり、何期にもわたって一緒に活動している人もいるわけですから、厳格な調査が行われるのか疑問に思わざるを得ません。

その例として、田中ゆうたろう議員が平成23年に初当選した時に払った明治大学大学院の諸学費947500円の件があります。田中議員は20日余りで退学したにもかかわらず、「通学している」と虚偽(ウソ)の説明を議長に対して行った結果、監査でも支出が認められてしまいました。1000万円以上の報酬のある区議会議員が20日余りの通学で退学した大学院の諸学費まで政調費=税金で払ったという例です。

杉並区の公式HPによれば監査委員の仕事は以下のように書かれています。
監査委員の仕事とは
「区の事務事業が法令に従って正しく執行されているか、区民の福祉増進のため最少の経費で最大の効果を挙げているかなど、行財政全般にわたってチェックすることが監査委員の仕事です。
監査委員は、区長から独立した執行機関の一つで、「委員会」ではなく各委員が独立・対等の立場に立っており、監査結果報告の決定などは、合議に基づいてなされます。」

すぎなみオンブズが、厳正なる監査を求めている監査結果は6月下旬に出ます。

みなさまに監査結果をメールと報告会でお知らせいたしますので、ご意見をお寄せください。


 蛇足ですが、意見陳述の最中に事務局職員が、かなり長い時間居眠りをしていました。これってどうなの?
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR